• ホーム
  • 肥満解消に役立つレモンと烏龍茶

肥満解消に役立つレモンと烏龍茶

肥満を解消するには、毎日の食品にもこだわる必要があります。
レモンと烏龍茶は肥満解消に役立つ食品として知られています。
レモンにはクエン酸が含まれており、脂肪の燃焼を促進してくれます。
体内を酸性からアルカリ性体質に変えることも可能であり、汚れた血液を綺麗にしてくれます。
クエン酸は梅干しにも含まれていますが、梅干しで摂取すると塩分過多になりがちです。

また、クエン酸の粉末はレモンよりも風味が劣るので、美味しく効率よくクエン酸を摂るならレモンジュースがおすすめです。
果汁100%ジュースを水やお酒で割って飲むといいでしょう。

烏龍茶は脂肪の分解を促進してくれるお茶です。
中国人は油っぽい食事を好みますが、日本人と比べて肥満の割合が低いのです。
この理由は烏龍茶を筆頭とする中国茶を常飲しているからだとされます。
食事のお供として最適のお茶であり、油っぽい食事が好きな方に最適です。

肥満を予防するためには、脂肪の摂りすぎを防ぐ必要があります。
スナック菓子をよく食べる方は、脂肪の摂取量が必然的に多くなります。
顔の皮脂が多いと感じる方は、脂肪を摂りすぎている可能性があります。
食生活の変化により、顔の皮脂量が変わってくるのです。

正常肌からオイリー肌に変化した場合は注意が必要です。
皮脂の原料は脂肪であるため、皮脂量で脂肪の摂取量を大まかに予測できるのです。
レモンや烏龍茶などの食品を毎日摂っていると、太りにくい体質に変化していくはずです。

これらの食品にはカロリーがほとんど含まれていません。
カロリーオーバーの心配をすることなく、代謝を促進できるのです。

ただしレモンは酸味成分が強いので、飲みすぎると胃腸を傷めることがあります。
烏龍茶はカフェインが含まれているので、夜寝る前には飲むのを控えたほうがいいでしょう。

関連記事